独特の良さがそこにはある

独特の良さ
今の世の中は、さまざまな性風俗の店があるので、手軽に性欲を満たしたいと願う男性にとっては、実にいい時代だといえます。
ただ、「プロの女性ではなく、素人の女性でなければ嫌だ」という男性も少なくないようです。
そのような男性が利用しているのが「援助交際」です。
原則として、援助交際をしている女性はお小遣い目的の素人女性ばかりですから、ネットの掲示板を利用して、援助交際にハマる男性は少なくありません。
プロの女性相手では得られない、独特の良さがそこにはあるのでしょう。
しかし、援助交際においては注意すべき点もあります。
それは、援助交際にはプロの業者が介在している場合もあるからです。
援助交際では、お金を払う側の男性がプレイの主導権を握っています。
中には、自分が王様になったような気分が高じて、女性にハードな変態プレイを要求してしまうことがあります。
そして、あまりにも行き過ぎた行為をすると、突然怖い風采の男たちが乗り込んできてボコボコにされてしまうという事件もあるのです。
これは、現在あまりにも援助交際が流行っていることから、一見素人が個人でやっているように見せかけて、実際は「その筋」の団体がバックにいる場合が少なからずあるからです。
その対策というわkではありませんが、普通の援助交際の場合においても「お金を払うのだから何をやっても許される」という考えは捨てておくべきでしょう。
いかに援助交際とはいっても「女性が嫌がることを無理強いしない」という暗黙のルールはきちんと守るべきなのです。

人によって実に多様です

インターネットの出会い系サイトは、現在実に数多くのユーザーが利用しています。
その利用目的もさまざまで、単にメル友が欲しい人から、軽いデート相手を募集している人、あるいは恋人募集中の目的でアクセスしている人や、将来の結婚相手を探している人など、人によって実に多様です。
そして最近は、この出会い系サイトを「援助交際」目的で利用しているユーザーが多くなってきているようです。
もちろん、援助交際は違法行為なので、掲示板やメールなどで「援助交際の相手募集」などと直接的な表現はできません。
しかし、なんとなくそういう雰囲気を醸し出していることは、慣れてくるとすぐに分るものです。
たとえば、女性が「年上のおじさまとデートしてみたいな。でも私、お金持っていないの」などと書き込んでいたら、まず100%、援助交際の誘いと思って間違いないでしょう。
これを聞いて「それでは早速自分も…」という気持ちになった男性も多いでしょうが、あせってはいけません。
あくまでも出会い系サイトなので、最初はメールのやり取りから始まるのです。
メール交換で、それとなく援助交際の誘いがあったら、あとはじっくり交渉を進め、実際の出会いを実現させればいいわけです。
このように、現在は出会い系サイトを利用した援助交際の数が急激に増えてきています。
原則として、出会い系サイトは見知らぬ者同士である男女間のコミュニケーションを媒介するツールなので、あらゆる目的に使えるという利点をうまく活用しているわけです。

大きな負担が強いられる

十代の女の子を中心に援助交際が大流行しており、まだ社会経験のない女子高生などが、割のいい小遣い稼ぎという軽い気持ちで援助交際を始めてしまうパターンがかなり多いようです。
援助交際と表現を変えても、女性が男性に身体を提供し、その代償として金銭を手にするのですから、売春行為に違いはありません。
そして、その売春行為たる援助交際には、肉体的精神的に大きな負担が強いられる肉体労働であることを知っておかねばならないのです。
肉体的負担とは、ずばりいって「妊娠」と「性病」の危険性です。
不特定多数の男性を相手する以上、誰が父親か分からない子を妊娠してその始末に困り、結果的に学校を中途退学となってしまう女性がかなり多くいるのです。
高校中退の学歴では、ろくな就職先も見つからず、絶望的で地獄のような将来が待っているのです
性病にしても、いくら注意していても感染してしまうことを完全に予防することはできません。
軽い感染症ならばすぐに治癒しますが、中にはなかなか治りにくい病気もあるので、そのような病気に感染してしまったときは悲惨です。
一生子供の産めない身体になってしまったり、ときには死の恐怖におびえたりする生活が待っています。
それに、感染に気付かず他の相手に病気をうつしてしまうこともあるので、援助交際は大きなリスクを伴う肉体労働であるという認識が絶対に必要なのです。

アーカイブ

カテゴリー

Copyright© 2013 援交したい方必見情報 All Rights Reserved.